2015年10月06日

Charlotteは2クールでやれば大傑作になっていたと思う。

20151006.png

Charlotte惜しかったなあ。本当に本当に、惜しいという感じです。この作品、大筋は決して悪くないどころか、美味しい要素を沢山詰め込んでいる。世界観設定は「とある」とシリーズとかと若干かぶるものの、それ自体は決して悪くないし、奈緒ちゃんもユサミサもいい意味でKey的なヒロインの伝統的可愛らしさをきちんと引き継いでいる。

しかしやはり、何とも尺がね・・・足りてなさすぎ。1クールにあまりにも色々な展開を詰め込みすぎてる。物語には「間」というものが必要だから。静があってこそ動が活きるし、葛藤を経てこそ決意は気高く見えるわけですが、本作は展開が早すぎて、感動する前に問題が解決されてしまって、結果、物語はバタバタとした喜劇的な様相すら呈する。麻枝さんがやりたいことは理解できるんだけど、尺の限界というかエロゲレベルの莫大な情報量を原作なしで1クールに詰め込みすぎたため、物語の奥行きとかキャラの心的描写を十分に描き切れておらず、全体的に雑な展開というか何だか軽く見えて非常に残念でした。

あとね、やはりハロハロとZHIENDとは何だったのか、と言いたくなってしまう。バンドを絡ませる展開自体は悪くないというかむしろ個人的には大好物なんですが、その存在感がガルデモの時以上にまるで物語の中で活かされておらず、個々の楽曲自体は実に佳曲揃いだけにこれまた残念。サラのボーカルがループのトリガーになったのはいいがその後何のフォローもなく唐突感だけが残った。 これもまた尺の問題に還元されてしまうわけですが。

けど、ラストは本当に文句なく名シーンでした。AB!が後に引く含みを残した何とも言えないマイナーセブンス的な終わり方であったのに対して、こっちはシンプルな言葉と笑顔。メジャーコードでジャン!って叩き斬る清々しさがあった。最後は綺麗にまとまったかなっていう。こんな考察とか一切ない全体の印象だけを述べた月並な所感で恐縮ですが、この作品、2クールでやればまごう事なき大傑作だったと思います。ええですから、アルバムは買いますよ。

内田真礼による「Charlotte」ハロハロのアルバムの全曲解説動画 :おた☆スケ【声優情報サイト】

Smells Like Tea,Espresso
Smells Like Tea,Espresso
posted with amazlet at 15.10.06
How-Low-Hello
Aniplex (music) (2015-09-30)
売り上げランキング: 165
タグ:音楽 アニメ
posted by かがみ at 23:49 | 文化論

2015年05月29日

衛宮士郎の正義の味方への希求はメサイヤコンプレックス

衛宮士郎の正義の味方への希求はもはや強迫観念めいたものを感じるわけですが、精神分析的にこれはメサイヤコンプレックスというべきものでしょう。ユングによればコンプレックスとは無意識下に沈み込む感情に色付けられた心的複合体と定義される自我の統合性を脅かす存在であり、自我はその安定を保つため様々な防衛機制を作動させるわけです。ノイローゼやヒステリーもある意味で自我防衛であり、失敗した防衛機制といわれます。

衛宮士郎のケースは代償行為という防衛機制で説明できる。10年前の第4次聖杯戦争時の冬木大火災で衛宮士郎は「皆死んでしまったのに自分だけが」衛宮切嗣に「救われてしまった」。その経験は無意識層に抑圧されコンプレックスと化したことは想像に難くない。そこで「自分は自分以外の全てを救う正義の味方になる、ならなければならない」という信念を形成することで自我の安定を図った。救われてしまった代償を救うことで払うわけです。メサイヤコンプレックスは医療関係者や宗教家に多いとされますが、昏い歪な過程を経由しているだけに、その精神的基盤は思ったより脆いといわれます。結局は何かの躓きが契機となり、これまた防衛機制の作動により転じて正反対のニヒリストになってしまうことも少なくはない。まさにいまのアーチャーがそうであり、あの「理想に溺れて溺死しろ」という言葉は、メサイヤコンプレックスの成れの果ていうことなんでしょうか。


posted by かがみ at 03:00 | 文化論

2014年12月12日

天使は地獄の底にこそ舞い降りる

最近、全然ラノベ読んで無くて、長々としたよくわからないタイトルの新刊群を横目で見つつ、もうこのジャンルもいいかなとさえ、思ってた昨今ですが、久しぶりに注目してみたくなった作品がこれ。

天使の3P! (電撃文庫)
天使の3P! (電撃文庫)
posted with amazlet at 14.12.11
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2014-11-01)
売り上げランキング: 22,091


天使の3P! (1) (電撃コミックスNEXT)
水谷 悠珠
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス


タイトルの3Pはスリーポイントじゃなくて、スリーピースね、ギター、ベース、ドラムスの最小構成のバンドのこと。間違ってもそういういかがわしい意味じゃないですから。大事なことですからもう一回。スリーピース、ね。

作者は「小学生は最高だぜ\(^o^)/」の迷言で一世を風靡した「ロウきゅーぶ!」の蒼山サグ氏。またもヒロイン全員小学生という確信犯的設定。挫折に塗れた主人公が幼女と触れ合うことを通じて人生の意味を取り戻すという展開も、ロウきゅーぶと同じ物語構造。

いかにもという感じの絵柄も含めて好き嫌いは分かれると思う。ただ、ロウきゅーぶ!もそうだけど、萌えと燃えの調和の取れた文体で紡ぎ出される物語自体はかなりマトモというか、むしろその清冽さに胸を打つものがある。天使は地獄の底にこそ舞い降りるという蒼山作品を流れる通奏低音は決して嫌いではない。

もうコミカライズもはじまってるし、メディアミックス的にはアニメ化は規定路線でしょう。ロックバンド×二次元萌え美少女の方程式に一定の需要があるのは、けいおんやAngelBeatの例から明白だし、仮にアニメ化されたら覇権とは言わないけど、かなりいいセン行くんじゃないかって、あえて今から言っておきましょうか。
タグ:ラノベ
posted by かがみ at 00:09 | 文化論

2014年05月02日

貞本エヴァ最終巻は11月発売

ようやくですか、という感じ。

「新世紀エヴァンゲリオン」最終巻、描き下ろし漫画付きで11月発売 豪華な限定版も - ねとらぼ

そういえばまだ単行本出てなかったんですよね。もう連載はとうの昔に終わってるのに11月とか・・・加筆修正でもしているんだろうか?それともシンの公開スケジュールとの兼ね合いでしょうか?

貞本エヴァはただのコミカライズではない。似たような時系を追いながらキャラの陰影が庵野さんのそれと全く印象を異にする。根本の哲学が全く違うんです。「逃げたって全然いい」というのが貞本さんのエヴァ。だからあんまり悲壮感とか重苦しさとかが感じられない。みんなどことなく自然体で飄々としている感がある。個人的にあの終わり方は好き。



さて、今日はHideちゃんの命日でした。このタイミングで「もってけ!セーラーふく」をニコニコに投稿するHisashi兄。故人の偲び方も人それぞれ。明日と明後日は博多どんたくです。筥崎宮では芍薬が見ごろとか。先日オープンした文教堂JOYにいってきました。一階ウインドウにシャア専用のタオルと第三新東京市立第壱中学の制服。LOFTも変わったなあとしみじみ。
posted by かがみ at 23:59 | 文化論

2013年11月11日

LUNA SEA『SHINE』を聴こう

ナタリー - LUNA SEA、13年5カ月ぶりアルバム「A WILL」12月発売

LUNA SEAは完全にリアルタイムで聴いてましたね。当時のギターキッズでLUNA SEAをコピーした事の無い奴なんていないでしょう。ツインギターアレンジがものすごく独創的なんですよ。ふつうバンドのツインギターって演奏の足し算なんだけど、SUGIZOさんとINORANさんは掛け算になっているんですよ。アレンジ的にはSUGIZOがぐしゃぐしゃっとかき混ぜて、その間隙をINORANがきっちり押さていくという割り振りが多いんですけど、お互いの演奏を掛け合わせて曲の世界観を何倍にも広げているような作りになっているんですよね。



1998年の充電開け第2弾シングル。LUNA SEAのポップサイドが余すところ無く発揮された佳曲です。威勢のいいドラムの4カウントから始まるこの曲は基本的には昔のパンクロックのような元気の良い曲なんだけど、SUGIZOの変幻自在なバッキングワークとINORANのアルペジオがこの曲を単に勢いだけのバカパンクにしていない。

全体がツービートの縦ノリなんだけども、SUGIZOさんだけがその爆音の中を、ぬるぬる泳いで行くような横ノリ主体のバッキングワークを展開してて、そのコントラストが楽曲に複雑な位相を生じさせている。あのバッキングワークってSUGIZOさん独特のアソビをふんだんに噛ましてるから、スコアブックで見てみるとめちゃくちゃややこしい譜割になっているんだよね。

INORANが奏でるイントロのアルペジオはまさに曲名を体現するかの如き輝きに満ちた印象的なフレーズなんですけど、その基幹構成音数は驚くべき事に僅かに3音なんですよ。極限まで過不足なく音が選び抜かれており、そのセンスは天才的としか言いようがないです。

ところで、時々、音楽雑誌とかでアーティストが「グルーヴ感」なる概念をドヤ顔で宣ってますが、その意味するところはこういう速さで誤摩化せないミディアムテンポの曲を演るとよくわかるんですよ。高校生のとき、この曲バンドで合わせたことがあるんだけど、普通に譜面通り演奏しただけじゃ全然上手く行かないんだよね。すごいダラダラした演奏に聞こえてしまうんですよ。

この曲は同名のアルバムに収録されていますが、個人的にはLUNA SEAのアルバムで一番の名盤は?と言われたら迷わずこの『SHINE』と答えるでしょうね。全体としては各パートが渾然一体となったシンプルで勢いのあるバンドサウンドを聴かせつつも、各部を仔細に観察すれば随所に各人の実験精神が垣間見え、結果、何度聴いても全く飽きない奥深い作りになっている。ギターサウンドも恐ろしく生々しい仕上がりとなっており、中音域が濃厚に出た良い意味での手作り感が半端じゃない。それに歌詞も何気に良いんですよ。「I for you」の「キミに降る痛みを拭ってあげたい」という一節はもの凄く響いてくる。もっともそれはリアルタイムで聴いてたガキの頃にはよくわかんなかったことなんだけどね。

SHINE
SHINE
posted with amazlet at 13.11.10
LUNA SEA
MCAビクター (1998-07-23)
売り上げランキング: 13,157

タグ:音楽
posted by かがみ at 04:44 | 文化論