2014年04月28日

生活保護受給者は社会のカナリア

福岡市が5月1日から生活保護ホットラインを開設するらしいです。名前だけ聞くといのちの電話みたいに聞こえますがそうじゃなくて、不正受給の情報収集窓口としての運用が予定されている。似たような取り組みは、さいたま市がやってるみたい。

別にこういう取り組みを悪いことだという気は無いけれど、世の中わりと紙一重なわけですよ。秒速で億を稼いだ人がこれまたあっという間に奈落の底に転げ落ちていく様はいかにも新自由主義的で、諸行無常のノスタルジーを感じさせましたが、程度の差はあれ、誰がいつどうなってもおかしくない。過去最悪の不正受給数とかも言われてますけど、あれはただ厳格にカウントしただけですからね。子どものアルバイトも含めるのは、さすがにどうかと思うわけです。生活保護受給者数は社会のカナリアです。不正受給対策も結構ですが、それ以上にもっとやるべきことはある気がしますけどね。

posted by かがみ at 23:16 | 法律関係