2014年03月30日

模範解答を丸呑みするという勉強法

最先端の学術論文からまとめブログに至るまで、とかくコピペは悪だという世情ですが、その論調が大学の定期試験まで飛び火している模様。

小保方晴子さん「コピペ論文」で揺れる早稲田大学 法学部に広がる「モカイ文化」とは

模範解答を丸呑みして定期試験に望むのは怪しからぬということらしい。けど、これはどうなんですかね?こんなの早稲田に限らず、どこの大学でも同じでしょう。最先端の学術論文と単なる試験論文を一緒にされても困る。司法試験ですら、論点毎に「論証例」なるものを事前に準備して、試験ではそれを組み合わせて答案を処理するというのが(ロースクール時代の今はどうか知らんが)主流の試験対策だった。昔の司法試験哀歌で「六法全書に『 故意』はあるけど『恋』はなし」という言葉がありますが、お勉強なんかよりも大事なことは山ほどあります。時間は有限です。そこに合理的な方法論が転がっていれば、それを使うのが普通の人間というもの。

それに予め出回った模範解答で対応できてしまうということは出題がワンパターン化してるってことでしょ?そんなに金太郎飴みたいな答案がお嫌なら、先生方は複雑な事例問題を自作して出題すればいい。こればかりはその場で知識を応用して自分の言葉で書くしかないんだから。それをしないのは単に面倒くさいだけだろうといわれても仕方がない。

要するに、早稲田の「モカイ文化」なるものは、教育する側の怠慢を別の言葉で言ってるだけです。そこを棚に上げて学生を非難するのは無理筋というものです。「自分の頭で考えろ」という言葉は、なるほど大正義ですが、それをアプリオリにドヤ顔で言い放つ人ほど得てして自分の頭で考えたことの無い人だったりするんですよ。本当に自分の頭で考え抜いた経験があればその限界も知っているはずですから。

それはそうと、その早稲田大学を悠木碧ちゃんがこの度無事卒業されたそうです。それなりに声優業をこなしつつきちんと4年で卒業したわけだから、立派なことです。

司法試験合格論文機械的作成法
柴田 孝之
日本実業出版社
売り上げランキング: 405,639
タグ:教育
posted by かがみ at 04:07 | 時評/日記