2014年01月01日

「花無心にして蝶来たり、蝶無心にして花開く」

表題はコンビニに置いてあったPHP研究所の本を立ち読みしていて凄く印象に残った言葉。元ネタというか原典は良寛の「花無心招蝶」って漢詩らしいけど、余韻というか響きがすごく素敵。

なんかね。人間関係の極意ってそこにあるような気が最近するんですよね。妙な執着心とかにとらわれるからうまくいかない。周囲の喧騒に振り回されず自然体で居ることでかえってよい結果が産まれてくるのかもしれないな、と。

さて謹賀新年。新春のお喜びを申し上げます。ヾ(๑╹◡╹)ノ"どうか今年が皆様にとって幸せに満ち満ちた一年でありますように。

平成26年元旦


タグ:思考
posted by かがみ at 04:30 | 心理療法