2013年12月22日

アスペルガー症候群がオキシトシン投与で改善

自閉症:ホルモン点鼻薬を投与で改善 東大臨床試験で効果 - 毎日新聞

主に陣痛促進剤として使われるオキシトシンを投与することでコミュニケーション障害が一時的な改善したとのこと。アスペルガー症候群は前頭葉の機能不全に起因すると言われているが、そこにオキシトシンがどう作用するか医学的な因果関係はよくわからないらしい。

ある特質が障害か個性かなんて時代性という偶然的な条件に規定される。アスペルガー症候群は現代特有の「障害」と言われる。知能指数が通常である点で従来型のカナー自閉症と明確に区別されるこの特質は、1944年にハンスアスペルガーにより発見されるが、当時は大戦中ということもあり、取り立てて世間的に注目を浴びるものでもなかった。ところが、重化学工業主体からサービス業主体への産業構造の転換、男女共同参画、価値観の多様化といった諸般の要素が高度コミュニケーション社会を重畳的に加速させた。心理学においてIQに対置される概念としてEQ(情動指数)という概念が一般化し、コミュニケーション能力に欠ける人間には社会不適合の烙印が容易くラベリングされる時代となった。

根本的な治療薬がないと言われるアスペルガー症候群ですが、対処療法的には西尾維新のライトノベル「少女不十分」に出てくる「不自由帳」のような発想もあるいは出てくるんでしょう。本作ヒロイン(?)である「U」は、予め定立された行為規範をロジカルに自己に適用するという点からアスペルガー的な特質が看取できる。彼女の父親は世間体を慮り、娘の特質を逆手に取り数十項目に及ぶ事細かな行動ルール集を作成することで「U」を制御する。結果、彼女は自由な感情と引き換えに「良い子」という立場をひとまずは手に入れるが、それは到底幸せな状態とはいえまい。この問題の本質は「薬がない」ではなく「居場所がない」というところにある気がします。

少女不十分 (講談社ノベルス)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 67,857
タグ:医療 こころ
posted by かがみ at 04:02 | 時評/日記