【参考リンク】 ラカン派精神分析の基本用語集 現代アニメーションのいくつかの断章

2013年11月11日

LUNA SEA『SHINE』を聴こう

ナタリー - LUNA SEA、13年5カ月ぶりアルバム「A WILL」12月発売

LUNA SEAは完全にリアルタイムで聴いてましたね。当時のギターキッズでLUNA SEAをコピーした事の無い奴なんていないでしょう。ツインギターアレンジがものすごく独創的なんですよ。ふつうバンドのツインギターって演奏の足し算なんだけど、SUGIZOさんとINORANさんは掛け算になっているんですよ。アレンジ的にはSUGIZOがぐしゃぐしゃっとかき混ぜて、その間隙をINORANがきっちり押さていくという割り振りが多いんですけど、お互いの演奏を掛け合わせて曲の世界観を何倍にも広げているような作りになっているんですよね。



1998年の充電開け第2弾シングル。LUNA SEAのポップサイドが余すところ無く発揮された佳曲です。威勢のいいドラムの4カウントから始まるこの曲は基本的には昔のパンクロックのような元気の良い曲なんだけど、SUGIZOの変幻自在なバッキングワークとINORANのアルペジオがこの曲を単に勢いだけのバカパンクにしていない。

全体がツービートの縦ノリなんだけども、SUGIZOさんだけがその爆音の中を、ぬるぬる泳いで行くような横ノリ主体のバッキングワークを展開してて、そのコントラストが楽曲に複雑な位相を生じさせている。あのバッキングワークってSUGIZOさん独特のアソビをふんだんに噛ましてるから、スコアブックで見てみるとめちゃくちゃややこしい譜割になっているんだよね。

INORANが奏でるイントロのアルペジオはまさに曲名を体現するかの如き輝きに満ちた印象的なフレーズなんですけど、その基幹構成音数は驚くべき事に僅かに3音なんですよ。極限まで過不足なく音が選び抜かれており、そのセンスは天才的としか言いようがないです。

ところで、時々、音楽雑誌とかでアーティストが「グルーヴ感」なる概念をドヤ顔で宣ってますが、その意味するところはこういう速さで誤摩化せないミディアムテンポの曲を演るとよくわかるんですよ。高校生のとき、この曲バンドで合わせたことがあるんだけど、普通に譜面通り演奏しただけじゃ全然上手く行かないんだよね。すごいダラダラした演奏に聞こえてしまうんですよ。

この曲は同名のアルバムに収録されていますが、個人的にはLUNA SEAのアルバムで一番の名盤は?と言われたら迷わずこの『SHINE』と答えるでしょうね。全体としては各パートが渾然一体となったシンプルで勢いのあるバンドサウンドを聴かせつつも、各部を仔細に観察すれば随所に各人の実験精神が垣間見え、結果、何度聴いても全く飽きない奥深い作りになっている。ギターサウンドも恐ろしく生々しい仕上がりとなっており、中音域が濃厚に出た良い意味での手作り感が半端じゃない。それに歌詞も何気に良いんですよ。「I for you」の「キミに降る痛みを拭ってあげたい」という一節はもの凄く響いてくる。もっともそれはリアルタイムで聴いてたガキの頃にはよくわかんなかったことなんだけどね。

SHINE
SHINE
posted with amazlet at 13.11.10
LUNA SEA
MCAビクター (1998-07-23)
売り上げランキング: 13,157

タグ:音楽
posted by かがみ at 04:44 | 文化論