【参考リンク】 ラカン派精神分析の基本用語集 現代アニメーションのいくつかの断章

2013年11月06日

BOØWY『BABY ACTION 』を聴こう

相互して頂いている「異常な日々の異常な雑記」の管理人、煎茶さんとTwitterでBOØWYの話題になったので、久しぶりにアルバム引っ張り出して聴いてました。それでちょこっと何か書きたくなったので。タイトルは煎茶さんが楽曲評論系のエントリーで使うパターンのパクリですごめんなさい。

Boowy『Dreamin'』を聴こう : 異常な日々の異常な雑記

BOØWYは全然リアルタイムじゃないんだけど、中学生の頃、何かのきっかけでアルバム聴いて「これだ!」と思いましたね。何が「これだ!」なのかは今もってよくわからないですが(笑)これがいわゆる思春期の初期衝動というやつなんでしょうか。

1stや2ndが含み持っている初期の新宿ロフトの暗闇で蠢くようなある種のうさん臭い空気感みたいな感じも好きですが、 サウンドという点ではBEATEMOTIONで完成した感はあります。ギターアレンジが本当に煌びやかなアルバム。本当にあの時代によくここまでの音を作ったなあって思う。

けど普通に曲としては3rd収録のこれが一番好きだったりするんだよね。



ハイテンションなツービートにいかにも80年代な軽薄な歌詞。Aメロのスカっぽいカッティングとサビのテンションコード流し弾きのコントラストに布袋さんのセンスを感じます。歌って楽しい。弾いても楽しい。

やっぱりRockってカッコつけてなんぼじゃないですか? 昔、何かのスコアブックでLUNASEAのSUGIZOさんが「Rockていうのはバカバカしい事を格好良くやるもんだ」というような趣旨の言葉を言われてて、それが多分Rockの本質だと俺は思うんですけど、それができるのってやっぱり時代性っていうのと関係しているんじゃないかな。バブルの狂騒期と重なった第2次バンドブームと呼ばれるあの時代のRockにはわけのわからない自信に満ちた力強さみたいなものがありますね。BOØWYが「BOØWY以前、BOØWY以後」と語られる所以は、そういったRockの本質的な部分と、いわゆるポップと呼ばれる大衆的で普遍的な要素を高い次元において絶妙なバランスで統合する事に初めて成功した点にあるんでしょう。

完全に余談ですが俺のRockは2000年くらいで終わってて、その後、心に刺さったアルバムっていうのはマジでSupercellの1stと放課後ティータイムくらいしか無いんだよね。映画けいおんの名シーンの一つにロンドンのジュビリー・ガーデンズで唯ちゃんが「ごはんはおかず」のラストに適当な英語(?)を載っけたワンコーラスを追加して絶唱する場面がありますが、あれはまさに「バカバカしい事を格好良く」ということを素でやっているわけです。

BOΦWY Blu-ray COMPLETE(完全限定生産盤)
EMI Records Japan (2012-12-24)
売り上げランキング: 1,800

放課後ティータイム in MOVIE
ポニーキャニオン (2012-12-19)
売り上げランキング: 2,737

タグ:音楽
posted by かがみ at 03:01 | 文化論