2016年02月24日

【書評】岩井俊憲『アドラー流一瞬で心をひらく聴き方』〜『幸せになる勇気』の予習にどうぞ。「リフレクション」+「勇気づけ」のアドラー流傾聴術。

アドラー流一瞬で心をひらく聴き方
岩井俊憲
かんき出版
売り上げランキング: 959


いろいろ言われることも多い、ヒューマンギルド代表の岩井氏の本ですけど、アドラー理論と傾聴技法を架橋しようという試みが感じられて、読んで損はなかったです。

前半4分の1位がアドラー理論の簡単な紹介であとは傾聴技法の解説。要点の箇条書きスタイルなので、あっという間に読める。一般的な傾聴技法の他に、アドラー心理学独自の「勇気づけ」や「課題の分離」という視点を取り入れている。

ビジネスシーンでアドラー理論を活用したい向けの実用書という感じなので、心理療法の深淵を極めて悩める人の力になりたいという人は、どうせ知っているコトばかりでしょうから別に読まなくてもいいと思います。アドラーの個人心理学の理論の深奥についてはこの本だけ読んでもわからないと思うので『嫌われる勇気』なり今度出る続刊の『幸せになる勇気』なり別途、読まれる方がよろしいんでしょう。

リフレクション中心のロジャーズ系の傾聴本を読んで物足りなさを感じている人には、得る物があるかもしれないですね。傾聴=ロジャーズの来談者中心療法(PCA)というのが一般的なイメージなんでしょうけど、PCAを本当に使いこなせるのはロジャーズ博士ご本人ただ一人といっても過言はないでしょう。あれを我々凡人がそのまま金貨玉条的に真似してしまうと、ただの「オウム返しをするだけの人」になってしまいますからね。

要するに、聴き手の適度な自己開示は必要なんですよ。リフレクションで話し手の心の深度を下げたはいいが、さてここからどうするかといった局面で「勇気づけ」という技法はかなり強力な武器になるかと思うんですよね。
タグ:書評 こころ
posted by かがみ at 01:33 | 心理療法