2015年10月17日

マイナンバーで個人情報を串刺しに検索できるという誤解

あろうことか、内閣府大臣補佐官がマイナンバーTシャツを作ろうなどと揚言し、局所的に物議を醸し出していますが、番号法抵触云々もさることながら、より本質的な問題というのは「マイナンバーを他人に知られてどの程度の実害があるのか」ということになります。

よくある誤解でマイナンバーさえ分かれば個人情報を串刺しで検索できるというアレ、一体どういう場合を想定して言っているんでしょうか?ちょっとよくわからないんですよね。

少なくとも、まず一般人には絶対ムリでしょう?マイナポータルへのログインはマイナンバー使ってやるわけではないですからね。ICチップとパスワードが必要なので、マイナンバーだけ知ってても普通何もできない。

あと懸念されるとすればサイバーアタックによる情報流失の危険性ですが、これもどこまで現実的な危険があるのか疑問。個人情報は今まで通り所管の各省庁が管理するんですよ。行政機関が保有する個人情報を一元管理するサーバーが新設されるわけではないですからね。で、省庁間の情報連携にはマイナンバーではない符号のリンクコードを使い、匿名情報として相互にリファレンスされる。なので、例えばある省庁のサーバーが陥落したからと言ってそこから芋づる式にすべての個人情報が漏洩していくという事態というのはあり得ないわけです。

いや実はそんなのは表向きのアナウンスで、本当のところ国民の個人情報は既に完全に一元化されていて公務員の人はカンタンに机のパソコンで市民の個人情報を調べることができるに決まっている!とか、疑心暗鬼になる向きもあるかもわかりませんが・・・けど、そんなちょっとした流出事故でバレる嘘はつかないと思うんですよ。

あと、なりすましの危険とかも、運転免許や保険証でも同様にリスクはあるわけだし、個人番号カード固有のリスクではないでしょう。

政府や自治体はみだりにマイナンバーを他人に教えないようにとやたら喧伝しててますが、具体的にどういうリスクがあるかを示さず、ただ何かあったらいけないから駄目だと言うだけでは、いたずらに社会不安を煽るだけと思うんですよ。

マイナンバーって、Webサービスで例えるとマルチログインシステムってことでしょう?そういう時代の潮流なんでしょうから、とりあえず食わず嫌いせずに実際に使ってみてリスクとメリットを見極めてみようと思っています。

やさしい番号法入門
やさしい番号法入門
posted with amazlet at 15.10.16
水町 雅子
商事法務
売り上げランキング: 272,504
posted by かがみ at 00:20 | 法律関係