2015年07月19日

「考えるフリ」という傾聴技法

例えば親しい誰かから「悩み相談」を持ちかけられた時、やはり社会人何年とかやっていますと誰しも何かしら一家言持ってしまうので、色々とアドバイスをしたくなるというのはよくある話です。

けれども巷に出回る多くの傾聴本が教えるようには、傾聴においてアドバイスは原則として非援助的なものとされる。所詮は聴き手の「教えてやった」という自己満足にしかならないわけです。

こういう悩み相談の場合、話し手の心境としては得てして「問題を解決してほしい」ではなくて「とにかく私の話を聴いてほしい」わけです。

こういう場合、傾聴技法的には反復(Restatement)や感情反映(Reflection)などを基本として話し手に応じるといいんでしょう。ロジャーズのいう無条件受容ないし共感的理解。河合先生の言葉で言えば「自分の倫理観は括弧に入れて聴く」という態度が重要と言われます。

ただ、傾聴技法を金科玉条的に適用してしまいこれに終始するというのもこれはこれでまたどうなのかという問題があるわけです。ロジャーズを信奉してやまない原理的ロジャリアンがよく鸚鵡返しマシーンとか何とかなんとか揶揄されるのは、このあたりの問題があるからなんでしょう。

そこで傾聴セオリー的な反復やリフレクションのその後にもう一捻り入れて「相手の悩みを一緒に悩んで何か妙案はないか考えるフリ」をしてみる。ぶっちゃけ本当に考えなくてもいいので、とにかく「一生懸命考えてるフリ」をしてみる。

話し手は本来的な悩みとは別にいわば「自分の悩みはちゃんとした悩みに値する悩みなのかという悩み」を持っていることが割と多いと思うんですよ。そこで聴き手がその悩みを真剣に考えているという姿勢を示すことで、話し手は「私の悩みはちゃんとした悩みだったんだ」という安心感を得られ、聴き手に「この人はちゃんと私の話を聞いてくれる」という印象を持ち、そこから、より会話の深度を深めていける。

要するに、中途半端な上から目線のアドバイスは毒にも薬にもなりませんが、アドバイスを「考えるフリ」というのは、一つの援助的な傾聴技法ではないかと思うわけです。

もちろんいま言った諸々はマジメに悩み相談に対応する際の態度を想定しているのであって、逆にどうでもいい人からの相談をさっさと切り上げたい時は、毒にも薬にもならない「アドバイス」で適当に煙に巻くのも全然ありというわけです。

人生は有限なので時間は有益に使わないといけませんからね\(^o^)/

プロカウンセラーが教えるはじめての傾聴術
古宮 昇
ナツメ社
売り上げランキング: 8,290
タグ:こころ
posted by かがみ at 21:19 | 心理療法