2014年12月12日

天使は地獄の底にこそ舞い降りる

最近、全然ラノベ読んで無くて、長々としたよくわからないタイトルの新刊群を横目で見つつ、もうこのジャンルもいいかなとさえ、思ってた昨今ですが、久しぶりに注目してみたくなった作品がこれ。

天使の3P! (電撃文庫)
天使の3P! (電撃文庫)
posted with amazlet at 14.12.11
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2014-11-01)
売り上げランキング: 22,091


天使の3P! (1) (電撃コミックスNEXT)
水谷 悠珠
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス


タイトルの3Pはスリーポイントじゃなくて、スリーピースね、ギター、ベース、ドラムスの最小構成のバンドのこと。間違ってもそういういかがわしい意味じゃないですから。大事なことですからもう一回。スリーピース、ね。

作者は「小学生は最高だぜ\(^o^)/」の迷言で一世を風靡した「ロウきゅーぶ!」の蒼山サグ氏。またもヒロイン全員小学生という確信犯的設定。挫折に塗れた主人公が幼女と触れ合うことを通じて人生の意味を取り戻すという展開も、ロウきゅーぶと同じ物語構造。

いかにもという感じの絵柄も含めて好き嫌いは分かれると思う。ただ、ロウきゅーぶ!もそうだけど、萌えと燃えの調和の取れた文体で紡ぎ出される物語自体はかなりマトモというか、むしろその清冽さに胸を打つものがある。天使は地獄の底にこそ舞い降りるという蒼山作品を流れる通奏低音は決して嫌いではない。

もうコミカライズもはじまってるし、メディアミックス的にはアニメ化は規定路線でしょう。ロックバンド×二次元萌え美少女の方程式に一定の需要があるのは、けいおんやAngelBeatの例から明白だし、仮にアニメ化されたら覇権とは言わないけど、かなりいいセン行くんじゃないかって、あえて今から言っておきましょうか。
タグ:ラノベ
posted by かがみ at 00:09 | 文化論