【参考リンク】 ラカン派精神分析の基本用語集

2019年06月30日

鏡像段階の遁走曲



* stade du miroir

鏡像段階(stade du miroir)の概念は、私が13年前のこの学会で紹介したものですが、それ以来この概念はフランス語圏のグループでは多少とも慣用のものとなってきていますので、ここで再びそれに注意を向けていただくのも無駄ではないと思われました。今日はとりわけ、精神分析がわれわれにあたえる経験のなかでこの鏡像段階が〈わたし〉の機能について明らかにしているところを考えてみたいと思います。(E93)


生後6ヶ月から18ヶ月の時期を迎えた乳幼児は鏡に映った自分の姿を発見し歓喜に満ちた表情を見せる。このような子どもの発達過程をフランスの精神分析医、ジャック・ラカンは鏡像段階と名付けました。

ラカンという名前は難解な著作や晦渋な語り口といった悪名と共に、精神分析を想像界・象徴界・現実界からなる独創的なシステムとして再発明した業績で知られています。鏡像段階理論はその出発点とも言える概念です。

鏡像段階理論が初めて世に問われたのは1936年、マリエンバードで行われた国際精神分析学会でした。もっともこの時のラカンの発表は制限時間を大幅にオーバーし、座長のアーネスト・ジョーンズの介入により中止の憂き目を見る。

この仕打ちにぶち切れたラカンが発表原稿を学会に提出しなかった為、最初の鏡像段階理論がどういうものだったのか今となってはよくわかりません。今日よく知られている鏡像段階理論とは1949年、チューリッヒで行われた国際精神分析学会での発表「〈わたし〉の機能を形成するものとしての鏡像段階」以降のものです。


* イマーゴとしての鏡像段階 

鏡像段階は「身体」や「自我」と言ったイメージ、つまり想像界の起源となります。

生後しばらくの間、乳幼児は脳や脊髄などの中枢神経系統が未発達であるため、目や口や耳などの感覚器官から得られる身体興奮の束からなる「寸断された身体像」の中に生きています。

この点、発達心理学における一般的理解によれば、子どもは中枢神経系統の発達過程の何処かで「統合的な身体像=身体」を獲得すると言われます。ところがラカンは、こうした中枢神経系統の発達以前に、既に子どもは自身の「身体」を視覚的イメージとして先取りしていると主張します。

こうした視覚的イメージ化を助けるためのメディアの一つとして「鏡」があるわけです。もっとも鏡に映された自身の鏡像は反転した自分であり、いわば自分そのものではない「他者」と言える存在です。

つまり、鏡というのはあくまで一つの媒体であり、より本質的に言えば子どもは他者のイメージの中に自身の「身体」を発見しこれに同一化を試みているということです。

こうしたイメージ形成作用を「イマーゴ」といいます。ラカンはイマーゴの果たす作用を動物行動学から例証しています。例えば、ハトの生殖腺は雄雌を問わず同類のハトのイメージを見せることで成熟すると言い、また、トビイナゴが孤棲型から群棲型への移行は、ある生育段階において類似のイメージを見ることで起きると言います。

そして、ラカンは鏡像段階をイマーゴの特殊なケースだといいます。人は鏡像イメージをキーとして、寸断された身体像の総和を超えたゲシュタルトを起動させる能力を種として備えているということです。

「自我」の起源もここにあります。こうして、子どもはその後も他者を自らの鏡像(理想自我)として二次的同一化を続けていきます。

すなわち自我とは同一化の集積体であり、玉ねぎの皮として例えられます。この同一化の反復運動は死ぬまで継続する。こうした外部のイメージを内化する操作をラカンは「疎外」と呼びます(狭義の疎外)。


* 鏡像段階とエディプス・コンプレックス

このように鏡像段階において子どもの中で「身体」と「自我」のイメージが起動するわけですが、同時に鏡像段階はある種の不協和をもたらします。

他者のイメージが自分のイメージであるというのであれば、逆に自分のイメージは他者のイメージであり、ここに他者との間で鏡像を奪い合う競合関係が生じる。これを「双数関係」といいます。

鏡像段階における自我は不安定なパラノイア的自我であり、自我の敵意が他者に投影され反転し、他者が自我に向ける敵意となってしまいます。幼児が他の子供を叩いておいて「あの子がぶった」などという転嫁現象はこうしたことに由来すると言われています。

こうして鏡像は愛の対象であると同時に憎しみの対象ともなるわけです。想像界は常に「お前か私か」の二者択一な不安定な世界です。かかる混乱を調停する役割を担うのが象徴的秩序を体現する第三者、すなわち〈他者〉です。

鏡像段階の子供にとって母親をはじめとした養育者は絶対的な〈他者〉です。こうした〈他者〉が鏡の前で「(象徴的に)これはあなたですよ」と承認することで、子どもははじめて鏡像を自らのイメージとして内化し、安定した自我を得ることができると言われます。

すなわち、鏡像段階とは想像界の起源ですが、あくまで象徴界によって統御されているという事です。換言すれば鏡像段階とはエディプス・コンプレックスの最初の段階となります。つまり鏡像とは〈他者〉の現前不在という原初的シニフィアン連鎖のシニフィエ(想像的ファルス)として機能するわけです。


* シェーマL

後年、鏡像段階理論をもとにした一つの図式が構築されます。いわゆるシェーマLです。この図式は自我(a)と鏡像(a’)を結ぶ想像的関係と、主体(S)と〈他者〉(A)を結ぶ象徴的関係により構成されてます。


L図.png


主体(S)に向けて〈他者〉(A)から発信される「充溢したパロール」は自我(a)と鏡像(a’)の間で交わされる「空虚なパロール」によって遮断されます。フロイト的な格言でいうと「自我が無意識的願望を抑圧する」ということになります。

こうした自我(a)と鏡像(a’)からなる想像的関係を整理することで、主体(S)は〈他者〉(A)から発信された「充溢したパロール」を受信可能となります。こうした作業により無意識は更新されていくわけです。


* 理想と対決するということ

このように鏡像段階は乳幼児の一時期の出来事ではありません。人は大人になってもどこかで鏡像段階の夢に囚われて生きています。

例えば我々は日々、他者に対して「あいつは口だけだ」「あいつは外面だけだ」「あいつは上から目線だ」「あいつはいい加減な奴だ」などとイライラした感情を覚えたりするわけです。

ではこうしたイライラはなぜ起きるのか?よくよく胸に手を当てて考えてみると、案外と自身の隠れた理想が反転した形であることが実に多かったりもします。我々はまさに自身の理想を他者に奪われているからこそ、双数関係的にイライラするわけです。

けれど、こうした感情はむしろ人として自然なことだと思います。何をやっても上手くいかない時はある。人はそんなに強くはできていないし、世の中努力は必ずしも報われない。「あいつさえいなければ」と、誰かを恨みつらむことでしか心の平衡を保てない時期もあるでしょう。

もちろんこれは本質的な解決ではありません。結局のところ、人は自らの理想と対決していかなければならない。

この点、想像界は象徴界によって統御されています。鏡像が示すのは確かに自らの理想ですが、その理想とは、あくまでその時の象徴的立ち位置(自我理想)から眺めた想像的イメージ(理想自我)に過ぎません。つまり自身の立ち位置を変える事で当然、理想のイメージは相対的に変わって来るわけです。

我々はある意味で鏡の世界を生きています。他者という鏡像は道を照らす光にもなれば歩みを縛る鎖にもなる。重要なのは自らの理想の正しさを時には疑い、あるいは破棄し、更新していく営みであるということです。


主体から主体へという訴えを我々が維持するなかで、精神分析は患者を《これこそ君だ》というぎりぎりの限界まで伴っていくことができ、そこで彼の死すべき運命の暗号が示されるわけですが、しかし、本当の旅が始まるこの瞬間まで患者をみちびいていくのは、実地家としてのわれわれの力だけでは及ばないのであります。(E100)



ラカンの哲学 哲学の実践としての精神分析 (講談社選書メチエ)
荒谷 大輔
講談社
売り上げランキング: 178,209




posted by かがみ at 01:06 | 心理療法