2015年10月17日

マイナンバーで個人情報を串刺しに検索できるという誤解

あろうことか、内閣府大臣補佐官がマイナンバーTシャツを作ろうなどと揚言し、局所的に物議を醸し出していますが、番号法抵触云々もさることながら、より本質的な問題というのは「マイナンバーを他人に知られてどの程度の実害があるのか」ということになります。

よくある誤解でマイナンバーさえ分かれば個人情報を串刺しで検索できるというアレ、一体どういう場合を想定して言っているんでしょうか?ちょっとよくわからないんですよね。

少なくとも、まず一般人には絶対ムリでしょう?マイナポータルへのログインはマイナンバー使ってやるわけではないですからね。ICチップとパスワードが必要なので、マイナンバーだけ知ってても普通何もできない。

あと懸念されるとすればサイバーアタックによる情報流失の危険性ですが、これもどこまで現実的な危険があるのか疑問。個人情報は今まで通り所管の各省庁が管理するんですよ。行政機関が保有する個人情報を一元管理するサーバーが新設されるわけではないですからね。で、省庁間の情報連携にはマイナンバーではない符号のリンクコードを使い、匿名情報として相互にリファレンスされる。なので、例えばある省庁のサーバーが陥落したからと言ってそこから芋づる式にすべての個人情報が漏洩していくという事態というのはあり得ないわけです。

いや実はそんなのは表向きのアナウンスで、本当のところ国民の個人情報は既に完全に一元化されていて公務員の人はカンタンに机のパソコンで市民の個人情報を調べることができるに決まっている!とか、疑心暗鬼になる向きもあるかもわかりませんが・・・けど、そんなちょっとした流出事故でバレる嘘はつかないと思うんですよ。

あと、なりすましの危険とかも、運転免許や保険証でも同様にリスクはあるわけだし、個人番号カード固有のリスクではないでしょう。

政府や自治体はみだりにマイナンバーを他人に教えないようにとやたら喧伝しててますが、具体的にどういうリスクがあるかを示さず、ただ何かあったらいけないから駄目だと言うだけでは、いたずらに社会不安を煽るだけと思うんですよ。

マイナンバーって、Webサービスで例えるとマルチログインシステムってことでしょう?そういう時代の潮流なんでしょうから、とりあえず食わず嫌いせずに実際に使ってみてリスクとメリットを見極めてみようと思っています。

やさしい番号法入門
やさしい番号法入門
posted with amazlet at 15.10.16
水町 雅子
商事法務
売り上げランキング: 272,504
posted by かがみ at 00:20 | 法律関係

2015年10月06日

Charlotteは2クールでやれば大傑作になっていたと思う。

20151006.png

Charlotte惜しかったなあ。本当に本当に、惜しいという感じです。この作品、大筋は決して悪くないどころか、美味しい要素を沢山詰め込んでいる。世界観設定は「とある」とシリーズとかと若干かぶるものの、それ自体は決して悪くないし、奈緒ちゃんもユサミサもいい意味でKey的なヒロインの伝統的可愛らしさをきちんと引き継いでいる。

しかしやはり、何とも尺がね・・・足りてなさすぎ。1クールにあまりにも色々な展開を詰め込みすぎてる。物語には「間」というものが必要だから。静があってこそ動が活きるし、葛藤を経てこそ決意は気高く見えるわけですが、本作は展開が早すぎて、感動する前に問題が解決されてしまって、結果、物語はバタバタとした喜劇的な様相すら呈する。麻枝さんがやりたいことは理解できるんだけど、尺の限界というかエロゲレベルの莫大な情報量を原作なしで1クールに詰め込みすぎたため、物語の奥行きとかキャラの心的描写を十分に描き切れておらず、全体的に雑な展開というか何だか軽く見えて非常に残念でした。

あとね、やはりハロハロとZHIENDとは何だったのか、と言いたくなってしまう。バンドを絡ませる展開自体は悪くないというかむしろ個人的には大好物なんですが、その存在感がガルデモの時以上にまるで物語の中で活かされておらず、個々の楽曲自体は実に佳曲揃いだけにこれまた残念。サラのボーカルがループのトリガーになったのはいいがその後何のフォローもなく唐突感だけが残った。 これもまた尺の問題に還元されてしまうわけですが。

けど、ラストは本当に文句なく名シーンでした。AB!が後に引く含みを残した何とも言えないマイナーセブンス的な終わり方であったのに対して、こっちはシンプルな言葉と笑顔。メジャーコードでジャン!って叩き斬る清々しさがあった。最後は綺麗にまとまったかなっていう。こんな考察とか一切ない全体の印象だけを述べた月並な所感で恐縮ですが、この作品、2クールでやればまごう事なき大傑作だったと思います。ええですから、アルバムは買いますよ。

内田真礼による「Charlotte」ハロハロのアルバムの全曲解説動画 :おた☆スケ【声優情報サイト】

Smells Like Tea,Espresso
Smells Like Tea,Espresso
posted with amazlet at 15.10.06
How-Low-Hello
Aniplex (music) (2015-09-30)
売り上げランキング: 165
タグ:音楽 アニメ
posted by かがみ at 23:49 | 文化論

2015年10月05日

マイナンバー検定というものがあるらしい

マイナンバー法施行 通知カード配達に課題 NHKニュース

個人的にはマイナンバーという名称が嫌いなので個人識別番号法って呼んでますけど、とにかくもいよいよマイナンバー法施行です。通知カードは簡易書留で届きます。今月中旬から来月頭にかけては注意です。

銀行預金口座との紐付はいまのところ任意なので、巷でよくある行政による資産把握とか、そういう危険はいまのところないです。将来的にはどうなるかわかりませんが、多分強制適用という流れなんでしょうね。

メリットとしては各種給付申請の際に所得証明書が不要になるといったところでしょうか。再来年からマイナポータルとかいう情報提供等記録開示システムが稼動します。マイナポータルにログインするにはICチップの認識が必要なので、カードリーダーが売れるでしょうね。

マイナポータルを通じて行政機関から一人一人に合った「お知らせ」が通知されるらしいですけど、各種給付の案内なども想定されているのでしょうかね??給付行政は申請主義であるがゆえに、知らなければ貰えない世界だけれど、そういう格差がなくなるのであればこの制度にも多少は意義があると言えるでしょうか。

マイナンバー検定試験 -マイナンバー法・マイナンバー制度を理解する-

早速検定試験が始まっているみたいですが、こういうのでお勉強するのも一つの手かも。敵を知り己を知れば百戦危うからずと言いますからね。

とにかくもう今更、この制度が是が非かという二者択一的な法哲学的議論をやる段階ではなくなったわけです。活用範囲拡大の動きは注視すべき所ではありますが、ただ嫌だ嫌だというだけでなく、とりあえず、想定されるリスクを把握した上で、できる範囲でリスクマネジメントして、このシステムをどう日々の暮らしの中で活用していくかの処方を見いだしていくというのが生産的な思考というものなのでしょう。

ただ、どこかで言っていたクレジット機能付き個人番号カード。あれだけはやめた方がいいと思いますけどね。

参考:マイナンバー社会保障・税番号制度

やさしい番号法入門
やさしい番号法入門
posted with amazlet at 15.10.05
水町 雅子
商事法務
売り上げランキング: 161,506

タグ:法律 くらし
posted by かがみ at 23:57 | 法律関係

2015年10月04日

無意識という物語

図解 やさしくわかる認知行動療法

ナツメ社
売り上げランキング: 1,685


認知行動療法というのは基本的に無意識というものを対象としていないわけです。精神分析が無意識下に抑圧された幼少期の心的外傷体験などに遡っていくアプローチであることに対し、認知行動療法は逆で、過去のことはとりあえず置いておいて、とにかく現在の嫌な気分を産み出している認知という思考システムを将来へ向かって矯正する所に焦点が当てられる。

うつ病や不安障害に高い威力を発揮することで知られてる認知行動療法ですが、その基本的な考え方はごくごくシンプルで、「認知」すなわち状況に対する自動思考やこれを支えるスキーマ(中核信念)の歪みを論理的に反駁、代替的な適正思考を立てて、それを行動により確信に至らせることで認知の歪みを矯正するという、方法論としてはPDCAサイクルそのものです。従って、心理療法の域を超えて家事や恋愛に至るまで様々な局面で応用可能という汎用性の高さがあると思います。

ただ、自動思考やスキーマの歪みを矯正する際、その反駁に精神分析的な洞察を用いることはなお有益だと思います。目の前の他人の不可解な行動も防衛機制やコンプレックスという観点から見ると案外意外な観点で読み解けるものが多いはずです。例えば、わかりやすいのが本心と真逆の態度をとる反動形成。こういう機制が発動しているのであれば、それはもう嫌われているどころか、これはもうこの上なくめちゃくちゃ好かれていることになってしまいますよね。冷たくあしらわれたから嫌われているという自動思考をそういう観点から反駁していくわけです。

要は認知行動療法は方法論として優れているけれど、無意識を考えることは全く不要か?というとそうではないということです。無意識の底を洞察するということは、いわば、この現実を現象ではなく、物語として観るということ。仮にそれが事実ではなかったとしても、それでもなお、現実をものがたることによって、ものがたりが現実を変えていける可能性も決してゼロではない、そういうこともきっとあるでしょう。

こういうものを統合的心理療法というのかどうか知りませんけど、この辺りを少し考察するのもなかなか面白いかなと、そんなことを、最近思いました。
タグ:こころ
posted by かがみ at 02:53 | 心理療法