2015年09月25日

両価的感情の中に観る繊細性

人にちょっと冷たくされたらかなり気分が落ち込むというのは、認知行動療法でいう所の自動思考がかなり歪んでて、その根底には私は他人に必要とされていないという悲観的で不合理なスキーマ(中核信念)があったりするわけです。

なので、まずは自動思考から矯正していくことが認知行動療法の第一歩なんですが、「いやアレは忙しかったとか気付かなかったとかそんなもんじゃない、どう考えても明らかに自分はあの人に急に冷たくされた・・・」などと思わざるを得ないケースもやはりある。特にいわゆる両価的な態度についてはなかなか難しいところがあると思います。そういった場合の反駁の一つとして、たまたまその人が防衛機制を発動させていると察してみるのもいいかもしれない。

防衛機制 - Wikipedia

ジークムント・フロイトの提唱による防衛概念はそれ以後も末娘のアンナ・フロイトの自我心理学や、メラニー・クラインの対象関係論を経て発展し体系化されていきますが、フロイト系の精神分析理論では、人の社会行動は全ては畢竟、自我の防衛行動でして、いわゆる昇華の機制を始め、ユーモアや自己洞察なども、成熟した防衛行動ということになります。

一方でユング派は防衛概念自体は基本的には承認してはいますが、先に述べた昇華やユーモア、自己洞察などの肯定的な精神力動作用は、自我サイドが行う防衛というより、自己サイドから行われる自我の再統合作用と捉えているようです。

フロイトもユングも同じように無意識という領域の存在を前提とするわけですが、なんでこういった説明の違いが生じるかというと両者の無意識の捉え方が違うからです。すなわち、フロイト系の精神分析理論では、無意識というのは得たいの知れない真っ暗闇で、そこに自我理性の光を恃んで抗っていくという二元論的構図を取るんですが、集合的無意識と自己元型を承認するユング派は自我の不完全を自覚する一方で無意識の暗闇の中にも自己実現という一縷の光明を見出していく相補的ないし太極図的構図を取っているわけです。


そんな感じで、どうも話がだいぶ脱線してしまいましたが、やっぱりね、対人関係というのは親しければ親しいほど、難しいと思うんですよ。どんな状況でも通用する万能の処方箋なんてどこにもないし、時には理不尽でアンビバレンスな感情の光彩の中で一体どうすればいいのかうろたえることもあるでしょう。けれど、それもね、仔細に見てみると、それは或いは反動形成的なものだったり、或いは置き換えや投影同一視による感情転移ではないか、などと、いろいろな観点というものが出てくると思います。そうやって色々と思いを巡らせていくと、ある種の哀しみや繊細さを見出したりすることもあったりして、そうなるとその両価性がむしろ愛おしい個性にすら思えたりするのかもしれませんね。共感的に理解するとはそういうことなのかもしれません。

若干、論旨がよくわからない文になってしまった気もしますが、なんか、そういう覚書。秋も深まりつつありますこの頃、皆様、どうかご自愛を。

参考:神楽菓音:防衛機制概論

図解 やさしくわかる認知行動療法

ナツメ社
売り上げランキング: 1,477

タグ:こころ
posted by かがみ at 21:55 | 心理療法

2015年09月10日

個人識別番号法を「マイナンバー」などと呼称する胡散臭さ

やさしい番号法入門
やさしい番号法入門
posted with amazlet at 15.09.09
水町 雅子
商事法務
売り上げランキング: 94,916


今をときめくマイナンバーカード活用による消費税増税分2%還付制度ですが、与党サイドは4000円を上限とした実質的な軽減税率という認識みたいですね。えっとね?普通に生活必要品は8%据え置きじゃダメ?って当然思うわけなんですけど、そこはもう色々利権とかあって当然駄目なんでしょうね。マイナンバー普及啓発の切り札にしたいという思惑もあるでしょうし、残念ながら今更そもそも論を言って騒ぎ立てたところで時局既に遅きに失しているというわけです。

だいたい我々は別に革命家でもなんでもないし、所詮は市井を生きる凡人に過ぎないので、今となってはどうやってこのわけのわからない制度を日々のくらしの中で可及的に活用していくか、というライフハック的な発想に立たざるを得ないわけです。そうはいってもまだシステムの概要は細かくは把握してないんですけど、購入情報を追跡できるのであれば「マイナンバー活用で楽々家計簿\(^o^)/」とかね、そういう活用法も出てくるかもしれないかも知れませんね。いや、知らないですけどね?制度の概略を知りたい方はWikipediaでも検索してみてください。

カードリーダー導入の為にPOSシステムの改善は必須でしょうか?導入できない店は客足が遠のくだろうし昔ながらの店はどうすんだか。

いずれにせよ普及してしまえば、ライフスタイルに相当の影響があるのは間違いないでしょう。マイナンバーカードを探す人が続出してレジが混みそう。マイナンバーカード忘れたから、次持ってきた時一緒にポイントつけてよねとか言う人、普通にいるだろうし、コンビニ向け対応マニュアルとか万全にしておかないと現場がひどいことになりそうです。

そんな感じですが、だいたいね、前からずっと思っていたんですけどそもそも「マイナンバー」とかいう名前がもう既に胡散臭いわけですよ。マイナンバーマイナンバーって普通に言ってるけどあれ、正式名称は「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」ですから。「個人識別番号法」とかいう方が適当でしょう。

ごめんなさい、長々と書いて言いたいことは実はそれだけでして。そういうわけで久しぶりの更新なのに論理明晰で鋭い見識とか、そういったものが一切無い非常にありふれた凡百な感想だけで終わってしまい、大変申し訳なく思っています。
posted by かがみ at 02:13 | 法律関係

2015年09月01日

【書評】河合隼雄「こころの天気図」。「ふうん」と聞くことの難しさ、素晴らしさ。

[新版]こころの天気図
河合 隼雄
PHP研究所
売り上げランキング: 109,942


長らく絶版本だったが今年装いを新たに復刻。かの名著「こころの処方箋」のアンサーソング的な立ち位置のエッセイ集ですが、こちらは聞き書きスタイルなので何ともふんわりとした優しい語り口に仕上がっています。

著者は言わずと知れた生粋のユング派分析家ですが、ユングのユの時も知らなくとも普通に良質な自己啓発本として読めます。けれども心理療法の知識素養が多少なりともあれば、また違った読み方もできて味わい深い。むしろ巷の心理療法の専門書などでは学術的正確性などの諸々の問題などから、なかなかぶっちゃけて書けない「理論体系の舞台裏」のようなものを詳らかにしているのが本書であるという言い方もできる。

例えば、「中心を外さず、ずっとそばにいる(217頁)」「『ふーん』の難しさ、素晴らしさ(213頁)」「自分が不安定なほど、相手を詮索する(216頁)」「ここぞという時、逃げない」「怒りも、時には解決のきっかけになる(130頁)」「にもかかわらず『やる』と決意する(133頁)」などといったパラグラフはロジャーズ三原則の極意のようなものへのゆるやかな連なりを感じる。教科書的に無条件受容、共感的理解、自己一致などといった概念を頭で理解しても、それは一体具体的にはどういった態度なのかを生き生きとイメージできなければ実際の人間理解の役には立たないでしょう。そういったイメージを豊かにする上で本書の河合先生の語りは有益な示唆を与えてくれています。
タグ:書評 こころ
posted by かがみ at 00:14 | 心理療法