2013年12月31日

アンチテーゼとしてのマルクス主義経済学

年の瀬にマルクスって言うのもなんですが。

現在のムダな不幸を思えば、マルクスは正しかったのかもしれない

最近、マルクスが読み直されているという話を良く耳にします。資本論は昔から周期的に読もうと思い立っては挫折するという繰り返しなんですけどね。以下は第一章「商品」の一節からの引用ですが、全く以って意味不明です。

「 相対的価値形式と等価形式は、ともに一体的に結合されており、互いに依存しており、切り離せない価値表現の核心なのである。がしかし、同時に、互いに排除しあう、極端に対立する同じ価値表現の両極なのである。この二つは、二つの異なった商品がその価値表現としての関係に置かれた時、それぞれ別々に当てはめられるのである。」

お前は一体何を言っているんだって感じです。最近、池上さんの資本論講義を読んでようやく概略だけは理解できたかなって感じです。

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」
池上 彰
集英社
売り上げランキング: 5,843


もとよりマルクス主義経済学の本質は経済学の体裁をとった暴力革命の扇動理論であり、そこに共感できる点は微塵も無いんですが、資本主義社会の病巣を抉り出す鋭い考察過程については今なお参照に値するものは多い。フランスの2月革命を皮肉った「歴史は2度繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は喜劇として」や、「哲学者たちは世界をさまざまに解釈してきただけだ。問題は世界を変革することである」と断じ去った『フォエルバッハにかんするテーゼ』はあまりにも有名。この辺りは普通に至言と言える。大学教授の道を断たれたルサンチマンから出発したマルクスの思想は、決してメインテーゼとはなり得ないだろうが、アンチテーゼとしての輝きは今なお色褪せていないでしょう。

ところでマルクスはものすごいノート魔だったらしいですね。本人が死んだ後にエンゲルスの手によって出版された資本論の第2部以降は膨大な草稿ノートがあったからこそ。もしEvernoteがあったらマルクスはどう使うんだろうか、とか思ってしまいます。

共産主義運動と資本論の構想に明け暮れて窮乏のうちに死んだマルクスですが、私生活では4つ年上の幼馴染と終生を添い遂げて、晩年まで3人の娘や孫から慕われてたみたいです。家族には恵まれていたんですよね。そこだけは少し羨ましいかな。

皆様、良いお年を。来年も宜しくお願いします。
タグ:経済 格差
posted by かがみ at 05:51 | 時評/日記

2013年12月22日

アスペルガー症候群がオキシトシン投与で改善

自閉症:ホルモン点鼻薬を投与で改善 東大臨床試験で効果 - 毎日新聞

主に陣痛促進剤として使われるオキシトシンを投与することでコミュニケーション障害が一時的な改善したとのこと。アスペルガー症候群は前頭葉の機能不全に起因すると言われているが、そこにオキシトシンがどう作用するか医学的な因果関係はよくわからないらしい。

ある特質が障害か個性かなんて時代性という偶然的な条件に規定される。アスペルガー症候群は現代特有の「障害」と言われる。知能指数が通常である点で従来型のカナー自閉症と明確に区別されるこの特質は、1944年にハンスアスペルガーにより発見されるが、当時は大戦中ということもあり、取り立てて世間的に注目を浴びるものでもなかった。ところが、重化学工業主体からサービス業主体への産業構造の転換、男女共同参画、価値観の多様化といった諸般の要素が高度コミュニケーション社会を重畳的に加速させた。心理学においてIQに対置される概念としてEQ(情動指数)という概念が一般化し、コミュニケーション能力に欠ける人間には社会不適合の烙印が容易くラベリングされる時代となった。

根本的な治療薬がないと言われるアスペルガー症候群ですが、対処療法的には西尾維新のライトノベル「少女不十分」に出てくる「不自由帳」のような発想もあるいは出てくるんでしょう。本作ヒロイン(?)である「U」は、予め定立された行為規範をロジカルに自己に適用するという点からアスペルガー的な特質が看取できる。彼女の父親は世間体を慮り、娘の特質を逆手に取り数十項目に及ぶ事細かな行動ルール集を作成することで「U」を制御する。結果、彼女は自由な感情と引き換えに「良い子」という立場をひとまずは手に入れるが、それは到底幸せな状態とはいえまい。この問題の本質は「薬がない」ではなく「居場所がない」というところにある気がします。

少女不十分 (講談社ノベルス)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 67,857
タグ:医療 こころ
posted by かがみ at 04:02 | 時評/日記

2013年12月19日

生活保護給付基準額の変動は低所得層全体の問題

生活保護、2.9%幅引き上げへ 消費増税に対応:朝日新聞デジタル

反対運動もむなしく改正された生活保護法ですが、給付額の決定というのはあくまで行政裁量なので今回の法改正とは別の問題ということになります。別に改正したばかりの法律をまた改正するとかじゃないですよ?具体的には衣食等日常生活の需要を満たす為の生活扶助の部分の基準額が上がることになります。過去の消費税引き上げ時にもとられた措置です。

これは当然でしょう。こういうことをいうとどっかから反感を買われそうですが、今回の措置については低所得者全体に関わる問題。生活保護における給付基準額というのは、いわゆる「低所得」を定義するための一種のメルクマールであって、その変動は住民税の減免や就学援助など生活保護以外の様々な他の制度に波及していきます。その数は30制度以上です。

要するに生活保護の給付水準が下がることは、受給者のみならず生活保護を受けてないワーキグプア等の生活低所得者層の負担が増えるという構造になっている。

増税分を給与に上乗せる一般企業がどれだけあるかわかりませんが、筋違いの嫉妬に駆られてナマポ叩きに走るのは自分の首を絞めてるだけなので止した方が良いということです。

間違いだらけの生活保護「改革」 -Q&Aでわかる 基準引き下げと法「改正」の問題点-
生活保護問題対策全国会議
明石書店
売り上げランキング: 232,053

タグ:法律 福祉
posted by かがみ at 03:10 | 法律関係

2013年12月01日

過ちに二種あり

失敗しないように仕事をすると、成功できないというパラドックス --- 内藤 忍 : アゴラ - ライブドアブログ

過ちは誰にとっても出来れば避けたいものです。教育学でいうところの「学習する」という所為は、「同じ過ちを繰り返さない」ということなんですが、それに怯えるあまり、新たな可能性の芽をいつの間にか摘んでいるかもしれないということにも留意すべきでしょう。

つまり過ちには二種類あるということです。既存のフレームワークの中で起きた過ちをミスといい、旧来の枠を超えた新たな試みの結果起きた過ちを失敗と言う。

両者は似てるようで本質的に位相を異にする。ミスを無くすことはもちろん重要なことだけれども、それをどれだけ完璧に反復しようとも畢竟、既存のフレームワークの維持でしかない。他方で失敗は違います。その因果を解析することは既存の枠組みを超える新たな可能性の考究となりうる。

もちろん上司や同僚、何よりクライアントあってのビジネスです。人様に迷惑をかけてしまうような失敗はダメですけど、自分で責任取れる範囲や周囲の理解が得られる範囲ではむしろどんどん実験してたくさん失敗すべきなのかもしれません。師走の折、そういうことをつらつらと考えた次第。

臨床教育学入門 (子どもと教育)
河合 隼雄
岩波書店
売り上げランキング: 187,457

タグ:思考 考察
posted by かがみ at 23:59 | 心理療法