2013年08月27日

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の結末について。「気持ち悪い」というハッピーエンド。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」

ニコニコチャンネル:アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」第14話〜第16話

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』最終回(14話〜16話)感想 いい最終回だった!キャットファイト凄すぎwww:萌えオタニュース速報

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」。いまでこそ長ったらしいタイトルのラノベなど珍しくも何ともないですが、当時は本当に斬新だった。5年前の夏の日、新刊棚のなかでひときわ異彩を放つ原作第1巻を中身もロクに見もせずに手に取って、そのままレジに直行したあの時の購入衝動はよく憶えている。見なくてもわかる。これは絶対面白い、と。そして実際、読み終えた瞬間にアニメ化を確信した。以来の長い付き合いなので今回の完結は実に感慨深いものがあります。

架空の作品世界といえどもエントロピー増大則からは逃げ難い。物語は続けば続く程、作品世界内のエントロピーは増大する。増える登場人物、積み重ねられた設定、交錯する伏線・・・アーキテクチャの全てを矛盾させること無く整合的に収斂させていこうという努力をすればする程、結末は虚しく陳腐なものに成り果てる。まどか☆マギカの脚本を務めた虚淵玄が「Fate/Zero」のあとがきで語っているように「故に、物語にハッピーエンドをもたらすという行為は条理をねじ曲げ、黒を白と言い張って、宇宙の法則に逆行する途方もない力を要求されるのだ」。そしてそれは「俺妹」においても残念ながら例外ではなかった。

『俺の妹はこんなに可愛いわけがない』は恋愛を描ききれなかった - シロクマの屑籠

3巻あたりまでが客観的に見ても傑作なのは間違いない。確かに深夜アニメやエロゲをあそこまで手放しで肯定してしまうのはどうかという意見も無くはないでしょうが、少なくとも長らく冷戦状態にあった兄と妹が家族の絆を取り戻していくという全体を貫く主旋律自体は至極健全で穏やかなものであり、一風変わったホームドラマだと言っても決しておかしくはない。インセストタブーの問題は後景に仄かされる程度にとどめられ決して全面に出てくることはなかった。桐乃ちゃんが留学したあたりで終わっておけば、その問題に深く言及する事はなく「不器用な兄妹が不器用な方法で絆をとり戻す話」として作品を綺麗に締めくくることができたはずです。

ところが、世間はそれを許さなかった。おきまりのメディアミックスに止まらず、様々な企業ともコラボレーションしたし、地元の千葉市市長からも持ち上げられる一方、熱心な信者がヒロイン毎にセクト化し、誰エンドかを巡る原作者脅迫騒動は裁判にまで発展した。その結果、物語を整合的に完結させる困難性は巻を重ねるごとに増大していった。正直な話、10巻あたりの時点では結末にそれほどの期待を持っていませんでした。

ところがどっこい。伏見さん、最後にひと足掻きしたね。11巻で壮大な助走をつけた上で、今までかろうじて後景に留めておいたインセスト・タブーの問題を完全に前面に打ち出してきた。あらゆる方向から批判を浴びる覚悟で明確な結末を描きにきた。まあぶっちゃけその過程というか様相は普通にキモいんですけどね?京介も桐乃ちゃんも。正視できない程キモすぎる。そしてその気持ち悪い行動の為に払った代償はあまりにも大きかった。誰がどう考えてもおかしいですよあんなの。

でもね。最終巻の主題はまさにこの「気持ち悪いって何?」という事だと思うんですよ。だって気持ち悪くない恋愛なんてあるんですか?人を好きになるってことは第三者的に見れば大なり小なりキモいでしょう?幸せであるという感情ほど個別的で主観的なものはないでしょうから。ニコニコでアニメ最終話を見てるとやっぱりというか「気持ち悪い」のコメントが大量乱舞していましたが、もしそう思う人が多いのなら、むしろ最終巻の主題の提示にはひとまず成功したということなんでしょうね。よくわからなかった人は原作を11巻あたりから読んでみればたぶんわかります。アニメでは省かれてしまった心理描写や因果関係が丁寧に描かれています。そして最終巻最後のエピローグは叙述トリックのような気がするんですよね。だとすればこれは少なくとも当人達にとってはハッピーエンドということになるんでしょうか。

とにかく伏見さんは逃げなかった。最終巻は見事でした。全年齢対象のラノベでできるギリギリの枠内で桐乃ちゃんの感情を描き切った。物語は最後の最後でエントロピーを瞬間的に凌駕した確かな輝きを見せてくれた。それで十分だと思います。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 ハッピーエンド HDコンプ! BOX
バンダイナムコゲームス (2013-09-26)
売り上げランキング: 74


俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)
伏見 つかさ
アスキー・メディアワークス (2013-06-07)
売り上げランキング: 746


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11) (電撃文庫)
伏見 つかさ
アスキー・メディアワークス (2012-09-07)
売り上げランキング: 3,489
posted by かがみ at 01:52 | 文化論

2013年08月21日

「はだしのゲン」の閉架措置における法的観点

「はだしのゲン」の閉架措置 「子どもの知る権利の侵害だ」 全国集会で批判相次ぐ

知る権利などと言ってしまうと何だかうさんくさいキャッチコピーのように聞こえますが、憲法21条の表現の自由が包摂する憲法上の法的権利です。だからその侵害行為は普通に違憲訴訟の対象となるわけです。

もともと絶対王政批判の歴史から始まった表現の自由の原始形態は「政治的意見表明の自由」という限局されたものだったが、莫大な情報量が流通する現代社会においてその実質は総合的な情報流通権へと変容した。その変容過程で出てきたのが知る権利。

なので、知る権利に対する規制は、表現の自由一般同様、厳格な違憲審査基準が妥当する。ナチスドイツが当時最も民主的とされたワイマール憲法下で出てきたことを考えれば明らかなように、表現行為が規制された社会で民主主義のシステムは正常に作動しない。表現の自由というのは一旦規制されれば民主制の過程でそれを回復するのが困難なため司法権が積極的に介入していかなければならない。いわゆる二重の基準論というやつです。従ってその規制の違憲審査基準に付いては、アメリカの判例理論を引いてCPDの基準(明白かつ現在の危険の法理)やLRAの基準(より制限的でない他の選びうる手段の法理)などといった厳格な違憲審査基準が妥当するとされている。本件閉架処分は図書館という「場所」に対する規制であることからLRAの基準が馴染むと考えられる。そして公共施設たる図書館において閲覧制限および貸出を禁ずる閉架措置というのは、一般論としては、より制限的でない他の選びうる手段が他に無いとはいえまい。

・・・と、まあ別にこういう類いの論点はいまさら議論する程新しいものではないんですけどね。10年前の司法試験で似たような事案が普通に出題されてたりします。

法務省:平成14年度司法試験第二次試験論文式試験問題

もちろん本件の特質として「小中学校の図書館」という環境というものがあります。6歳と15歳はえらい違いだし、繊細な子だっているでしょう。そこのフォローが全く不要とは思わない。ただね。それでも閉架措置っていうのは無いと思うんですよ。考えとして安易すぎる。少なくとも憲法学の立場からいうと、パターナリズムなんてものが許されるのは判断能力が未熟な発達過程における自己加害の危険が明白な場合のみです。本件は果たしてそうなんですか?この漫画はそういう作品なんですか?

「はだしのゲン」閲覧制限は正義か?〜最近の保守派の一部はどうも度量が狭くなってきた - 木走日記

「はだしのゲン」を学校に置くべき理由(Hayato Ikeda) - BLOGOS(ブロゴス)

教育委員会もモンペがめんどくさかったんでしょうけど、「偏向の無い思想」なんて無いですからね。価値観というものは清濁併せ呑んで身に付いていくものです。すべからく世界は綺麗なものだけでできていると信じて育ってしまえばそれはもう悲劇でしかない。その先に待ってるのは絶望と希望の相転移の末路でしょう。いくら憲法をひっくり返しても「自分が見せたくないものを子どもにみせない権利」なんて出てこない。そんなの単なるエゴイズムか責任放棄のどっちかですよ。

〔愛蔵版〕はだしのゲン 全10巻
中沢啓治
汐文社
売り上げランキング: 638
posted by かがみ at 02:19 | 時評/日記

2013年08月15日

映画「風立ちぬ」で宮崎監督が提示した第3の選択肢


今日ようやく宮崎駿監督の「風立ちぬ」を観てきました。雑感のみ。

風立ちぬ メッセージ

ポニョ以来5年ぶり。堀辰雄氏の「風立ちぬ」原作は主人公とヒロインがサナトリウムに引っ込んじゃって静的な私小説的世界が延々と繰り広げられるんだけど、映画の方は、全く別物になっている。ヒロインの名前やモチーフなど堀氏の別作「菜穂子」からの影響も持ち込みつつ、宮崎流プロジェクトX的「ものづくり」の物語が動的に展開される。ジブリ映画だからって子ども連れて行こうと思っている人は注意した方がいいですよ。キスシーンもやたら多いし男女のナニを暗示するシーンもあるし、あんまり家族で見る映画じゃないかな。

緻密なメカニック描写と美しい日本的田園風景の両極性を高い次元で統合した作画は素晴らしい。久石譲氏の音楽も物語に儚い余韻を添えてきます。中盤に絡んでくる謎のドイツ人カストルプさんはひょっとしてリヒャルト・ゾルゲってことなのかな?そう読んだ方が物語に深みが出て面白いですね。あのピアノシーンが一番の個人的名場面でしたけど。

映画『風立ちぬ』のヒロインが「菜穂子」である理由 | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

『風立ちぬ』 (内田樹の研究室)

映画『風立ちぬ』感想 - 琥珀色の戯言

『風立ちぬ』を見て驚いたこと - sombrero-records.note

「風立ちぬ」感想:仕事に生きるということ - 脱社畜ブログ

監督は意図していないんだろうけれど、ゼロ年代のフィルターを通してみると、病弱ヒロインの無条件的承認というのはかなりエロゲ的です。ひょっとして菜穂子さんは今までのジブリ映画史上で一番、深夜アニメ視聴層の琴線に触れてきたんじゃないかな?

けれど普通のエロゲ(?)だと、選択肢は「1 戦闘機の設計なんかうっちゃって君とサナトリウムに引っ込んで暮らすよ」「2 残念だけど、仕事はほっぽり出せないから離ればなれになるしかない・・・・」の2択しか有り得ないと思うんですよね。ここで「3 俺は戦闘機の設計を続けるけど、君とも離れたくない。だから命を削ってそばにいろ」という、えらく身勝手な選択肢を提示して、それを何の葛藤も見せずに主人公に選ばせてしまうのが宮崎さんの凄いところです。今回のテーマは「矛盾」らしいですが、多分、万人から祝福されるような綺麗な結末にしようとはハナから思っていないんでしょうね。一種の決断主義です。今作で主人公堀越二郎の声を務めた庵野さんが、昔、対談で「宮さんの最近の作品は「全裸の振りして、お前、パンツ履いてるじゃないか!」という感じが、もうキライでキライで。「その最後の一枚をお前は脱げよ!」というのがある」などと言ってましたが、そういった意味で今回の宮崎さんはかなり本気で裸踊りをしようとしたんじゃないかな。

菜穂子
菜穂子
posted with amazlet at 13.08.15
(2012-09-13)
posted by かがみ at 23:54 | 文化論

2013年08月11日

気になる人がいる人へ

なんかストレートなタイトルで好感が持てましたので思わずクリップ。

好きな人には好きって言おう。 - インターネットの備忘録

人の心はなかなか難しいものです。好意を持ってる人をいざ目の前にするとどうしても舞い上がってしまい、時には冷たい態度を取ってしまうこともあるでしょう。これは俗にいう「好き避け」といわれる現象で、心理学的には防衛機制としてフロイトがいうところの反動形成が作動してるわけです。ハリネズミのジレンマですね。

けどね。※ただしイケメンに限るとかなんとか斜に構えたフリをしてもそれは所詮、自己愛を壊さない為の逃げなんですよ。まずはできるところからはじめてみましょうよ。何を話していいかわからない時は、まず「聞く」ことに徹してみると良いかもしれない。聞くってことは基本的に誰でもできますからね。

だから気になる人がいる人へ。好きな子の話はまずはどんなことでも耳を傾けてみましょう。一見他愛のない話題でもその子の趣味嗜好や思考パターンを理解するヒントが随所にある。それを見逃さない。そして一つでも多くの美点を見つけてあげて、全力で共感して褒めてあげましょう。待ってるだけじゃ世界は何一つ変わらない。とても気の長い話だけれど、ほんの少しの日々の積み重ねによってきっと何かが変わると思いますよ。


酒の勢いでなんかつい気の赴くまま書散らしてしまった。このブログらしからぬエントリーで大変失礼しました。

絶対☆大好き
絶対☆大好き
posted with amazlet at 13.08.11
ワンダーストロベリー☆F
売り上げランキング: 4,295
タグ:心理
posted by かがみ at 22:30 | 心理療法

2013年08月10日

残暑見舞い

かぐらかのん

まあ要するにこのブログのことなんですが、暫定的にサイトデザイン変更しました。別にそこまで大改装したとかじゃなくて、さくらのブログのフォーマットのCSSをちょっと弄ったくらいですけど。

ちょっとこじんまりした感じになりましたが、侘び寂びの効いたデザインが、個人的にはお気に入りです。

近いうちにRSSも整理するかも。現状まとめが多すぎる。いつも良くして頂いている煎茶さんのブログ「異常な日々の異常な雑記」など、個人ブログの更新情報が比較的下に埋もれがちなのが前々から忍びないと思ってましたので・・・何とか早いうちにこちらも手をつけたいなと。

暑い日が続いておりますが皆様何とぞご自愛の程を。管理人も最近は何かとバタバタしていますが、更新の方ももう少し頑張ろうかと思います。折角の御縁ですので宜しくお願い致します。


posted by かがみ at 02:15 | 時評/日記