2013年01月27日

日常系というテンプレートに一石を投じた「琴浦さん」

飽和する日常系アニメに新星現る? 『琴浦さん』が面白い!( 日刊サイゾー)

原作はWeb4コマ漫画。ぱっとみありきたりな日常系かと思わせるが、完全にミスリードされた。

「ひぐらしのなく頃に」顔負けの超絶鬱展開から始まる第1話アヴァン。ほのぼのパートとシリアスパートが螺旋状に展開していく本編。番宣や特報からはそんな雰囲気は微塵も感じられなかったところに制作サイドの確信犯性が読み取れる。琴浦さんっていう子はいわゆるテレパス能力者になるんだけど、それが心の声なのか普通の声なのか区別が付かず、心の声も普通に耳で聞こえてしまうというところがポイント。こうなると一体何をスルーして何に反応すべきか解らない。これが一体どういうことを意味するか。普通の日常系萌えアニメと見せかけて恐ろしく重苦しい問いを視聴者に投げかけてくる。真鍋の「お前の心が汚れているから琴浦が吐いたんだ」という言葉にはぎくりとさせられます。

やれ口を開けばコミュ力コミュ力といわれる世の中だが、今求められているコミュニケーション能力と言うのは突き詰めれば上手に嘘をついて相手を傷つけない技術になってしまうんだと思う。上記リンク先記事は「本作の主人公・琴浦さんがうっかり他人の内面を「一方的に」覗き見てしまい、その内面にショックを受けてしまう姿は、Twitterやブログなど、一方的に発信されるSNSツールに翻弄される我々視聴者の姿とダブって見えるのは筆者だけだろうか」と言う。ソーシャルメディア時代の社会病理としてSNS疲れが言われだしてますが、そもそも世界中から祝福される言葉なんてないんですよね。どんなありふれた言葉でもそれが世界中に発信されるものである以上必ず誰かを傷つける可能性があるんです。他人が互いに解りあえるなんていうのは単なる幻想で、それを望むのであればそれこそ人類補完計画のようなことをしないといけない。人は人と向き合えば向き合う程ハリネズミのジレンマにさいなやまされる。けれどもそれが生きていくということなんでしょう。そういうことを色々考えさせられた後、絶妙のタイミングで流れてくる川嶋あいさん作詞作曲のEDは実に素晴らしい。最後に何かが浄化されて救われたような気持ちになれますね。

琴浦さん1 (マイクロマガジン☆コミックス)
えのきづ
マイクロマガジン社
タグ:アニメ web 考察
posted by かがみ at 03:20 | 文化論

2013年01月20日

奈良県って児童ポルノ単純所持が規制されているんですね

AKB・河西智美の不適切写真で、警視庁が講談社幹部を聴取…児童ポルノ禁止法に抵触か(痛いニュース(ノ∀`) )

今回の騒動で初めて知りましたが、奈良県は児童ポルノの単純所持に対して条例で罰則を課しているんですね。件のグラビアの妥当性はさておき、条例制定権の限界という観点から見るとなかなか興味深い事案です。地方自治法14条1項によれば地方公共団体は、法令に違反しない限りにおいて、自治体事務に関する条例を制定することができる。では「法令に違反しない限り」とはどういう場合か。徳島県公安条例事件判決によれば「条例が国の法令に違反するかどうかは、両者の対象事項と規定文言を対比するのみでなく、それぞれの趣旨、目的、内容及び効果を比較し、両者の間に矛盾牴触があるかどうかによつてこれを決しなければならない」という。

そして具体的類型として「ある事項について国の法令中にこれを規律する明文の規定がない場合でも、当該法令全体からみて、右規定の欠如が特に当該事項についていかなる規制をも施すことなく放置すべきものとする趣旨であると解されるときは、これについて規律を設ける条例の規定は国の法令に違反することとなりうる」と言っています。

これを児童ポルノ規制法につき考えるに、単純所持に関しては対象範囲が不明確で捜査権の乱用の危険性を懸念する意見が出たりして規制が見送られた経緯があり、要するに国レベルでは慎重な立法判断を行っているわけです。そうであれば当該規制は上記判例が言うところである「規定の欠如が特に当該事項についていかなる規制をも施すことなく放置すべきものとする趣旨」に少なくとも現時点では当てはまる可能性は高いかと思われます。

もとより児童虐待など万死に値するのは当然ですし本件グラビアが児童ポルノ規制法そのものに反するかは色々議論があるところでしょう。ただ、いち購入者を直接処罰する単純所持に対する対応が住んでる都道府県によって異なるっていうのはどうなのよ?という部分はあるでしょうね。

参考:奈良県:子どもを犯罪の被害から守る条例

ロウきゅーぶ!よんこま 1 (電撃コミックス EX 170-1)
蒼山 サグ
アスキー・メディアワークス
タグ:法律
posted by かがみ at 03:11 | 法律関係

2013年01月11日

「ポップであることを恐れない」ということ

紅組トリを飾ったいきものがかりが言ったらしいこの言葉。昔、ベストアルバムを500万枚売ったGLAYのTAKUROが似たようなこと言っていた気がする。

「ポップであることを恐れない」覚悟(インターネットもぐもぐ)

リスナーの立場だといまいちピンとこないかもしれないですね。なぜポップであることを恐れないことは難しいのか?ボカロPさんとかだと多分この感覚は理解できると思うけど、要は、全然本気じゃないし(震え声)の理論ですよ。あざとく大衆受けした曲をだしてさっぱり売れないより、小難しい曲出してやっぱり売れない方がアーティストとしての尊厳は守れるからね。尖った音とか万人受けしない音とかいうけれど、それって突き詰めていけば、別にわかる人がわかればいいし、売れたいとか思ったことなんか一度もないわーと斜に構えて嘯いていざというときに自己愛を保全する為の予防線なんですよ。いまほど自己愛が高くてそして今ほど自分に自信が持ち辛い時代はないからね。邦楽低迷とか言われるのもそういう曲が最近多くなったのも一因かもしれない。いきものがかりの強みはその臨界点を恥ずかしげも無く突き抜けることができた点にあるということです。

バラー丼(初回生産限定盤)
いきものがかり
ERJ (2012-12-19)
売り上げランキング: 146

タグ:音楽 文化
posted by かがみ at 00:38 | 文化論

2013年01月10日

賃金引き上げとバーターで法人税引き下げて誰か損するの?

自民党の税制調査会が企業が給与やボーナスを上げた場合に法人税を減税することを検討してるらしい。

【神政策ワロタw】 安倍「企業は従業員の給料を直ちにたっぷり上げろ 実施企業は法人税をガッツリ減税する」(特定しますたm9(`・ω・´))

これはインフレターゲット以上に注目すべきだろう。物価が上がっても企業が金を堰き止めていたら意味はありません。それに、サラリーマンの給料が増えれば、法人税が減っても代わりに所得税が増えますよね。のみならずマクロ的には乗数効果で国民所得は増大する。乗数効果ってのは、政府が100億円公共投資してゼネコン下請け孫請けと下るうちにアラびっくり!100億円が200億円に化けちゃったΣ(゚∀゚ノ)ノって言う経済学の教科書に載っているアレだ。更に経済のパイが増えれば雇用も増える。この金の循環速度の高まりと正比例して全体の税収も増えていく。これって誰か損しますかね?つか、こういうことは普通に考えれば誰でもわかるだろ?不遜ワタクシもかなり以前に思いつきました(;^ω^)

https://twitter.com/kagurakanon/status/193503382588235777

消費性向の高いところに金をばらまくのはケインズ経済学の基本でしょう。なんで今まで誰も言いださなかったのか不思議でしょうがない。

池上彰のやさしい経済学―1 しくみがわかる
池上 彰
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 1,208

タグ:経済政策
posted by かがみ at 00:13 | 時評/日記

2013年01月05日

初音ミクちゃんに救われたクリエイターって結構いると思いますよ

好き嫌いってのは絶対にあるでしょうし、世の中いろいろな考え方があるのはもとより承知していますけど。

SMAP中居「初音ミクのライブで1万人も集まることが理解できない」(アルファルファモザイク)

たけしさんの「鰹節のだしを粉末にするのと、人を簡略化してる初音ミクは同じ」というコメントはわりと合っているかな。ただ、ミクちゃんの本質はどこまでもシンセサイザーであって、彼女の最大の功績はボーカル曲制作のハードルを圧倒的に下げ、以前なら埋れていたはずの才能を世に送り出した点に尽きる。ボーカルっていうのはかなり後天的な努力ではどうしようもない要素に左右されますからね。そういった条件に恵まれていなかったクリエイターさん達にとってミクちゃんはマジで女神に見えたと思いますよ。そこは誰も否定できないはずです。

ミクちゃんをきっかけに音楽を作り始めましたっていうミクネイティブ世代がメジャーシーンに出てくるようになれば何か変わるかもしれないですね。もっとも、その時までに「メジャーシーン」なるものが枠組みとして残っていれば、ですけど。

【ボカロ】探検北のIT 初音ミク現代の女神 世界翔共感の歌(萌えニュースまとめ)

その他言いたいことはこの先生がだいたい言ってくれてるので。今年の紅白は是非ゲスト辺りで出てほしいなと思います。


タグ:音楽 文化
posted by かがみ at 00:24 | 時評/日記